Days

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< おたふく | main | 新しい家族を迎えて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
虹の橋
インディを亡くして、ネットで「虹の橋」という詩を見つけました。
読むと涙がこぼれるけれど、やさしい気持ちになります。
以下に転載させていただきます。
元サイト様はこちらです。





虹の橋


天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せなのです。


病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
・・まるで過ぎた日の夢のように。


みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと・・。


動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。


突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。
あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。


幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。


それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。






いつか会える日まで、がんばって生きていこう、と思います。
それまで、待っててね。 インディ。
| 暮らし | 07:17 | comments(2) | - | myun |
スポンサーサイト
| - | 07:17 | - | - | スポンサードリンク |
コメント
心、救われるね・・涙が流れたよ。
ウチのうーちゃんもしんどい病気で死んじゃったけど、もとの体に戻って、
幸せに暮らしてるならいいなって思った。
私は死に目にあえなかったし、絶対またあの子に会いたいってすごい強く思う。
なんか、あの子が待っててくれると思うと死ぬのもそんなに怖くないような気がしてきた(笑)
ほんと、いつか会える日まで、頑張って生きてこうね。
いい詩を教えてくれて、ありがとう。
| | 2006/07/18 10:56 AM |
↑あ、名前かくの忘れた。。すまぬ(^人^)
| ルル | 2006/07/18 10:58 AM |
コメントする









LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE